PR

ミニチュアシュナウザーの口元が茶色になる現象は?

ミニチュアシュナウザーの特徴といえば、立派な髭です。しかし、この立派な髭は定期的に手入れをしないとすぐ茶色に変色してしまい、一度着色するとなかなか落ちません。とくに毛色がホワイトのミニチュアシュナウザーはどうしても目立ってしまいます。

この口元が茶色になる現象は「髭やけ(よだれやけ)」と呼ばれ、よだれや汚れの放置、高脂質のドッグフードなどが原因です。

「髭やけ(よだれやけ)」のことを知らない人が見ると、口元が汚れているまま放置しているように見えてしまい、愛犬の印象を悪くしてしまうことがあります。

髭やけの改善策としては、こまめに拭くことや低脂質のドッグフードへの変更などが挙げられます。ドッグショーに出るような犬は、人間がパーマをあてるときのような紙で髭をラッピングして汚れないようケアをしているそうです。

「ミニチュアシュナウザーの髭やけ」についてはこちらの記事でまとめていますので、「愛犬の髭やけを改善したい」という飼い主さんはぜひ参考にしてください。