PR

ドッグフードを砕くのに役立つ機械・アイテム4選!百均商品も紹介

ドッグフード

犬の健康や成長を考えると、食事の摂取方法も重要なポイントとなります。例えば、ドッグフードをそのまま与えるのと砕いて与えるのとでは、どちらが犬にとってよいのでしょうか?

また、砕いたドッグフードを与えることにはどんなメリットやデメリットが存在するのでしょうか。高齢の愛犬や体調を崩しやすい犬を飼っている飼い主さんは、食事に関する選択を迫られる場面は少なくないはず。

この記事では、ドッグフードを砕く行為の背後にある科学と、それが犬たちの健康や生活に与える影響について詳しく解説します。

食事の方法一つで犬の生活がどれほど変わるのか、驚きの事実をお伝えします。

 

累計販売量400万食突破!今なら初回半額!!

愛犬に寄り添う国産・無添加ドッグフード【Obremo】

ドッグフードを砕くのに役立つ機械・アイテム

ドッグフード

ドッグフードは多様な種類や形状が存在し、ペットの好みや健康状態に応じて選ばれます。しかし、一部の犬は細かく砕かれたドッグフードを好む場合や、病気や加齢による咀嚼能力の低下から粒をそのまま食べるのが難しい場合があります。そのような状況で役立つ、ドッグフードを砕くための機械やアイテムについて説明します。

  1. フードプロセッサー
    – ドッグフードを短時間で効率的に細かく砕くことができます。
    – 一度に多量のドッグフードを処理することも可能で、時間の節約にもなります。
    – 砕く粒の大きさを調整する機能がついているモデルもあり、ニーズに合わせて使用できます。
  2. モーター付きコーヒーミル
    – 通常、コーヒー豆を粉砕するために使用されるこのアイテムは、ドッグフードの粒の大きさの調整にも役立ちます。
    – 小規模な量を細かくする際に最適です。
  3. モーターなしの手動ミル
    – 電源が不要で、場所を選ばずに使用できます。
    – 一度に砕ける量は限られますが、出力のコントロールが容易です。
  4. すり鉢とすりこぎ棒
    – 伝統的な方法で、特に少量のドッグフードを砕くのに適しています。
    – 砕く強度を直感的にコントロールできるのが特徴です。

どの機械やアイテムを選ぶかは、砕く必要の量や頻度、粒度の好み、使用する環境など、様々な要因によって異なります。必要に応じて適切なものを選び、愛犬に適切なサイズと形状のドッグフードを提供しましょう。

 

百均で買えるドッグフードを砕くおすすめの商品

ドッグフード

百均(100円ショップ)は、多様な生活雑貨を低価格で提供する店舗として人気があります。ドッグフードを砕くための道具も百均で手軽に購入することができ、家計にやさしい選択肢として注目されています。以下に、百均で手に入れられる、ドッグフードを砕くのに便利な商品を紹介します。

  1. すり鉢とすりこぎ棒
    – 百均でよく見かける小型のすり鉢とすりこぎ棒は、少量のドッグフードを砕くのに適しています。
    – 手動で操作するため、砕く強度や粒度を自在に調整できるのが魅力です。
  2. ガーリックプレス
    – 通常はにんにくを押し出すための道具として使用されますが、ドッグフードの粒を挟んで押し出すことで、砕くことができます。
    – 特に柔らかいドッグフードに適しています。
  3. プラスチック製のミートハンマー
    – 肉をたたくためのハンマーとして設計されていますが、ドッグフードを袋の中に入れて、軽く叩くことで砕くことができます。
    – 均一な粒度にはなりにくいですが、大まかに砕くことが可能です。
  4. ナッツクラッカー
    – ナッツの殻を割るためのクラッカーも、ドッグフードの粒を挟んで力をかけることで砕くのに利用できます。
    – 砕く強度を調整しやすいのが特長です。

百均の商品は手軽に手に入れられるため、ドッグフードを砕く目的で何らかのアイテムを試してみるのも一つの方法です。しかし、頻繁に大量のドッグフードを砕く場合は、専用の機械を検討することもおすすめします。

 

【感想】実際にドッグフードを砕く機械を使ってみた

ドッグフード

先日、ドッグフード専用フードプロセッサーを購入し、使用感を試してみました。以下にその感想をお伝えします。

  1. 使いやすさ
    最初に気に入ったのは、直感的な操作性です。難しい取扱説明書を読む必要はなく、ボタン一つで簡単にドッグフードを砕くことができました。
  2. 効率性
    砕きの速度や均一性にも驚きました。短時間で一定の大きさに砕けるため、食事の準備が非常にスムーズに行えます。
  3. クリーンアップ
    この点もポイントが高いです。砕き終わった後、機械の中を簡単に拭き取るだけで清潔に保つことができました。
  4. 保存性
    機械には、砕いたドッグフードを保存するための専用コンテナも付属していて、余ったフードの保存が楽になりました。

しかし一方で、いくつか改善してほしい点もありました。

– ドッグフードの大きさや硬さによっては、砕きづらい場合がありました。複数のブランドや種類のフードを試してみたいと思います。
– 機械の音が少し大きめで、驚く犬もいるかもしれません。もう少し静かなモデルも選べると良いと感じました。

全体として、このドッグフード専用フードプロセッサーは非常に実用的であると感じました。特に忙しい日常の中で、犬の食事の準備を効率的に行いたい飼い主さんにはおすすめのアイテムだと思います。ただ、使用前に犬の好みやフードの種類に応じて最適な設定を見つける時間が必要かもしれません。

 

事前にふやかすとドッグフードを砕きやすくなる?

ドッグフード

ドッグフードは、その成分や製法、ブランドによって様々な硬さや形状を持っています。特に固形のドッグフードは、乾燥しているため非常に硬いことが多いです。このようなドッグフードを砕く場合、事前にふやかすことで、砕きやすさが向上することが知られています。

  1. ふやかすのメリット
    柔軟性の向上: ドッグフードを水や湯に浸すことで、フードの粒が柔らかくなり、力をかけることなく簡単に砕けるようになります。
    水分の補給: ふやかすことでフード自体が水分を含むようになるため、水分摂取が増え、犬の脱水状態を予防する助けになる場合があります。
  2. 注意点
    適切な浸け時間: ドッグフードを長時間浸しておくと、栄養成分が溶け出してしまう可能性があるため、必要な浸け時間を守ることが重要です。
    保存状況: ふやかした後のドッグフードは、湿気を含んでいるため、雑菌が繁殖しやすくなります。そのため、ふやかしたフードはすぐに与えるか、冷蔵保存して短期間で使い切るよう心がける必要があります。
  3. どのような犬に向いているか
    – 咀嚼力が弱い犬や、歯のトラブルを持つ犬には、ふやかしたドッグフードが好ましい場合があります。また、砕いたフードを利用する食事療法や特別なレシピを試みる場合、事前にふやかすと調理がしやすくなります。

ドッグフードを事前にふやかすことで、砕く作業が容易になることは確かです。ただし、その際の適切な取り扱いや保存方法を守ることで、安全に犬に食事を提供することができます。

 

ドッグフードを砕く際の注意点

ドッグフード

ドッグフードを砕くことは、犬の食事の取り扱いや摂取しやすさを向上させるための手法として利用されることがあります。しかし、砕く際には以下のような注意点が挙げられます。

  1. 均一な大きさ
    – ドッグフードを砕く際は、可能な限り均一な大きさにすることが望ましいです。不均一な場合、小さすぎる粒や大きすぎる粒が混在し、犬の食事がしづらくなる可能性があります。
  2. 栄養成分の損失
    – 強力に砕く過程で、ドッグフードから栄養成分が飛び散ることがあります。砕く際は、飛散を最小限に抑えるよう心がけることが重要です。
  3. 雑菌の繁殖
    – ドッグフードを砕いた後、外部の空気や湿度との接触が増えるため、雑菌が繁殖しやすくなる可能性があります。砕いた後は、冷暗所での保存や早めの使用を心がけましょう。
  4. 器具の清潔さ
    – 砕く際に使用する器具は、必ず清潔にして使用してください。器具が汚れていると、その汚れや雑菌がドッグフードに混入するリスクがあります。
  5. 鮮度の確保
    – 砕くことでドッグフードの鮮度が失われやすくなるため、砕いたフードは速やかに与えるか、短期間で使い切るよう努めてください。
  6. 食事の摂取量
    – フードの大きさが変わると、犬の食事の摂取量や食べやすさも変わる可能性があります。変化に注意し、適切な量を与えるよう調整することが重要です。

ドッグフードを砕く際には、これらの注意点を意識することで、安全かつ効果的に愛犬の食事ケアを行うことができます。

 

ドッグフードを砕くメリット、デメリット

ドッグフード

ドッグフードを砕く行為は、さまざまな理由で実践されることがあります。以下にそのメリットとデメリットを詳しく説明します。

メリット

  1. 食べやすさの向上
    – 犬の歯のトラブルや咀嚼力が弱い犬にとって、砕かれたドッグフードは食べやすくなります。
  2. 食事の摂取時間の短縮
    – 砕かれたフードは、摂取時間が短縮される場合があり、忙しい飼い主にとっても有益です。
  3. 特別な食事の調製
    – 砕いたドッグフードは、特定のレシピや手作りのドッグフードと混ぜ合わせる際にも適しています。
  4. 水分摂取の促進
    – 砕いたドッグフードを水やスープでふやかすと、犬がより多くの水分を摂取する手助けとなります。

デメリット

  1. 栄養成分の損失
    – 砕く過程で、フードから一部の栄養成分が飛散する可能性があります。
  2. 雑菌の繁殖リスク
    – 砕かれたフードは、雑菌の繁殖がしやすくなる場合があるため、保存には注意が必要です。
  3. 作業の手間
    – ドッグフードを砕くのには手間や時間がかかる場合があり、忙しい飼い主にとっては負担となることも。
  4. 食事の摂取量の変動
    – 犬が砕かれたフードを好んで食べすぎる、または逆に食べにくく感じる可能性があるため、摂取量の変動に注意が必要です。

犬の特定のニーズや飼い主の状況に応じて、ドッグフードを砕くかどうかを判断することが重要です。砕く場合は、上記のメリットを最大限に活かし、デメリットを回避または最小限に抑える方法を探ることが望ましいでしょう。

 

ドッグフードを砕いて与えたほうがいい犬

ドッグフード

ドッグフードの形状や大きさは、一般的に多くの犬種や年齢に適しているものが主流となっています。しかし、犬の健康状態や生活環境、特性によっては、ドッグフードを砕いて与えることが推奨されるケースがあります。以下、そのような状況や犬の特性を詳しくご紹介します。

  1. 高齢犬
    – 歳を重ねることで歯や歯茎の健康が低下することが一般的です。砕いたドッグフードは、これらの犬たちにとって咀嚼しやすく、摂取が容易となります。
  2. 歯のトラブルを持つ犬
    – 歯肉炎や歯周病、抜けた歯等の問題を持つ犬は、砕いたドッグフードを摂取することで食事時の痛みや不快感が軽減されることが多いです。
  3. 幼犬
    – 乳歯の生え変わり期や、咀嚼能力が未発達な幼犬には、砕いたフードが摂取しやすくなります。
  4. 手術後の犬
    – 特に口腔内の手術を受けた犬や、他の身体的な手術を受けて一時的に咀嚼力が低下している犬には、砕いたフードが適しています。
  5. 体調不良や食欲不振の犬
    – 疾患やストレスにより食欲が減退している犬には、砕いたフードが食事摂取のハードルを下げる助けとなります。
  6. 嚥下障害を持つ犬
    – 食事を飲み込むのが困難な犬や、繊細な喉を持つ犬は、砕いたドッグフードやペースト状の食事が摂取しやすいことがあります。

これらの状況や特性を持つ犬に、ドッグフードを砕いて与えることを検討する際は、獣医師と相談し、適切な食事の方法を見つけることが重要です。

 

ウェットタイプのドッグフードの検討も

ドッグフード

ドッグフードは大きく分けて、ドライタイプ(乾燥)とウェットタイプ(缶詰やパウチ)の2つのタイプが存在します。特にウェットタイプのドッグフードは、その特性や利点、考慮すべき点を理解することで、犬の健康や幸福度をより高める手助けとなります。

  1. ウェットタイプの特徴
    – 高水分: 通常、ウェットタイプのドッグフードは70%以上の水分を含んでいます。これは、特に水分摂取が不足しがちな犬にとって大きなメリットとなることが多いです。
    – 食いつきがいい: 多くの犬はウェットタイプの食事の風味や食感を好む傾向があります。
  2. ウェットタイプの利点
    – 腎臓の健康: 水分が多いため、腎臓の働きをサポートし、尿の生成を助けることができます。
    – 高齢犬や嚥下障害を持つ犬に適している: ソフトで水分量が多いため、嚥下や咀嚼が容易です。
    – 多様な風味: ウェットフードは多くのフレーバーや成分のバリエーションがあるため、食事のバラエティを提供できます。
  3. 考慮すべき点
    – 保存: 開封後は冷蔵庫での保存が必要で、長時間放置することは避けるべきです。
    – 価格: 一般的に、ウェットタイプのドッグフードはドライタイプに比べて単価が高めです。
    – 摂取カロリーの調整: ウェットタイプのフードはカロリーが低い場合が多いため、1日の摂取量や給餌回数の調整が必要になることがあります。

ウェットタイプのドッグフードの選択は、犬の健康状態や好み、そして飼い主の生活スタイルや経済的な側面など、さまざまな要因を考慮して行うべきです。犬のニーズに最も合ったフードを選ぶため、獣医師や専門家との相談をおすすめします。

 

ドッグフードの選び方

ドッグフード

ドッグフード選びは、愛犬の健康と成長に大きく関係しています。適切な食事は、彼らの生活の質を高めるだけでなく、長寿にも寄与します。以下に、ドッグフードを選ぶ際のポイントを挙げていきます。

  1. 成分リストの確認
    まず、ドッグフードの成分リストを注意深く読むことが必要です。主成分として、肉または魚が上位に位置するものを選びましょう。また、余計な添加物や人工の保存料、着色料を避けることも重要です。
  2. タンパク質の含有量
    犬はタンパク質を必要としますので、含有量が十分かを確認しましょう。肉類や魚類が主成分である場合、タンパク質の供給が期待できます。
  3. 年齢や体のサイズに応じて
    犬の年齢やサイズに応じて適切なドッグフードを選ぶことが大切です。子犬、成犬、高齢犬など、それぞれのライフステージに合わせた栄養バランスの食事を選ぶことをおすすめします。
  4. 特定のニーズを持つ犬
    アレルギーや食物の感受性を持つ犬、また特定の健康上の問題を抱える犬の場合、それに適したドッグフードを選ぶ必要があります。
  5. 価格と品質のバランス
    高価なドッグフードが必ずしも質が高いとは限りませんが、安価なもので品質が低い場合もあるため、価格と品質のバランスを見極めることが大切です。
  6. フードの形状や大きさ
    犬の歯の健康や、飲み込みやすさを考慮して、適切なサイズや形状のフードを選びましょう。

選んだドッグフードに切り替える際は、徐々に混ぜて慣らしていくことをおすすめします。犬の体調や好みに合わせて、適切なドッグフード選びを心がけてください。

 

当サイトでは、愛犬家が選ぶドッグフードNo.1にも輝いた「モグワンドッグフード」をおすすめしています。モグワンは手作り食のレシピに基づき、美味しさと栄養バランスを両立したプレミアムドッグフードです。今なら最大20%オフで購入できます。

モグワン 公式サイト >>

 

まとめ

ドッグフード

ドッグフードを砕く行為には、さまざまなメリットとデメリットが存在します。

メリットとしては、
– 高齢犬や歯のトラブルを持つ犬が食事を摂取しやすくなること
– 幼犬や手術後の犬に適切な食物を提供できること
– 体調不良や食欲不振の状態を緩和できる可能性があること
などが挙げられます。

一方で、デメリットとしては、
– 栄養成分の飛散や雑菌の繁殖リスクの増加
– 作業の手間が増えること
– 犬の食事の摂取量が不規則になるリスクがあること
などが考えられます。

砕くべきかどうかの判断は、犬の健康状態やニーズに基づいて行う必要があります。特に、砕くことで食事の質や犬の健康に影響が出る場合は、獣医師との相談を経て決定することが最も重要です。