PR

てんかんのある犬におすすめのドッグフード3選

犬

AD

てんかんのある愛犬のための最良のケアを提供したいとお考えのペットオーナーの皆さん、適切な栄養バランスを整えることで、愛犬の発作の頻度や強度を軽減し、より快適で幸せな日々を送る手助けができます。

健康的でバランスの良いドッグフード選びから、愛犬の特別なニーズに対応するためのポイント、さらにはおすすめのドッグフードブランドまで、本記事ではてんかんを持つ犬の栄養管理について詳しくご紹介します。

てんかんのある犬におすすめのドッグフード3選

ドッグフード

てんかんのある犬は特別な栄養ケアが必要です。適切なドッグフードの選定により、発作の頻度や強度を低減し、愛犬の生活の質を向上させることができます。

  1. 栄養バランス
    てんかんを持つ犬には、均衡取れた栄養が必要です。必須アミノ酸、ビタミン、ミネラル、オメガ-3脂肪酸が含まれたフードを選ぶと良いでしょう。これらの栄養素は、神経系の機能をサポートし、免疫系を強化します。
  2. 低塩分
    てんかんのある犬は、低塩分のフードが望ましいです。過多な塩分摂取は、高血圧や腎臓の問題を引き起こす可能性があります。
  3. 無添加・無着色
    化学添加物や着色料、保存料は、アレルギーや食物不耐症を引き起こす可能性があるため、これらの成分が含まれていないフードを選びましょう。
  4. 獣医との相談
    てんかんの治療として、獣医が特定のダイエットを推奨する場合があります。犬の健康状態や特定のニーズに基づいて、適切なフードを選定するためには獣医と密に連携し、定期的に健康チェックを受けることが重要です。

おすすめのドッグフード

以下は、てんかんのある犬に適している可能性があるドッグフードの一例です。ただし、個々の犬のニーズに合わせて調整する必要があります。

1. モグワン
モグワンは、手作り食のレシピに基づき、美味しさと栄養バランスを両立したプレミアムドッグフードです。愛犬家が選ぶドッグフードNo.1にも輝いています。

2. PETOKOTO FOODS
PETOKOTO FOODSは、偏食などで栄養バランスが偏ってしまう犬に、完璧な栄養バランスで手作りされたドッグフード(ウェットフード)です。累計販売2,000万食を突破しています。

3. カナガン
カナガンは、愛犬の健康を第一に考えたチキンとサーモンがたっぷりのドッグフードです。獣医師の97%が推奨し、英国王室エリザベス女王にも表彰されています。

これらの製品は一般的に高品質とされていますが、個々の犬の具体的なニーズや症状に基づいて、適切なものを選定してください。また、新しいドッグフードに切り替える際には、徐々に新しいフードを混ぜることで、犬の消化器系に慣らしていくことが重要です。

 

犬のてんかんの前触れは?

犬

犬のてんかんの発作は突然起こることが多いですが、実際にはその前触れや兆候が現れることもあります。これを「前駆期」とも呼びます。犬の行動や様子を日常的に観察することで、これらの兆候をキャッチすることができるかもしれません。

  1. 行動の変化
    犬が普段とは異なる行動を示すことがあります。例えば、飼い主のそばに過度に甘える、不安そうな様子、過度に興奮する、等の行動が見られることがある。
  2. 舐める・噛む
    特定の部分を異常に舐める、または噛む行動が増加することがあります。特に足や前足を中心に舐める傾向がある場合が多いです。
  3. 視線の変化
    虚ろな目をして遠くをじっと見つめる、または一点を見つめ続けることがあります。これは発作が近い兆候とされることがあります。
  4. 不安や恐怖の表現
    犬が不安や恐怖を感じているかのように、震える、身を隠す、鳴く、等の行動が増えることがあります。
  5. 運動の不調
    歩くのが不自然に見える、バランスを崩す、または回転運動を繰り返すなどの運動の異常が見られることがあります。
  6. 消化器系の異常
    吐く、下痢をするなど、消化器系に異常が現れることがあります。ただし、これらは他の病気や原因によるものである可能性も高いので、他の兆候と合わせて判断すると良いでしょう。

てんかんの前触れや兆候は、犬によって異なる場合があります。したがって、愛犬の普段の行動や様子をよく観察し、異変を感じた際には速やかに獣医に相談することが重要です。発作の予知や早期対応によって、愛犬の苦しみを少しでも軽減することができるでしょう。

 

犬のてんかんはなんでなる?

犬

犬のてんかんは、様々な要因により引き起こされる神経系の疾患です。これは、脳の神経細胞の異常な活動によって生じる慢性的な状態であり、発作の原因や発症メカニズムは多岐にわたります。

  1. 原発性てんかん
    原発性てんかんは、特定の原因が特定できないてんかんです。これは遺伝的要因が関与していることが多く、特定の品種では遺伝的な傾向が知られています。このタイプのてんかんは、通常、生後6ヶ月から5年の間に発症します。
  2. 二次性てんかん
    二次性てんかんは、特定の原因や潜在的な健康問題、例えば脳腫瘍、脳炎、頭部外傷、代謝異常などによって引き起こされます。これらの状態は診断と適切な治療を要します。
  3. 構造性てんかん
    脳の構造異常や損傷が原因で発生するてんかんです。MRIなどの高度な画像診断が必要となります。
  4. 代謝性てんかん
    低血糖や低カルシウム血症など、体内の代謝異常が発作を引き起こすことがあります。
  5. 感染症
    脳炎や髄膜炎、その他の神経系に影響を与える感染症も、てんかんの原因となることがあります。
  6. 薬物や毒物
    特定の薬物や毒物の摂取が、脳の神経細胞に影響を与え、てんかんの発作を引き起こす可能性があります。
  7. 免疫メディエイテッド
    免疫系の異常により脳が攻撃されることで、てんかんが発症する場合があります。
  8. ストレス
    ストレスや過度な刺激は、発作のトリガーとなることがあります。特にストレスが溜まりやすい環境や状況を避けることが推奨されます。

これらの原因や状態を正確に診断するためには、詳細な獣医学的評価や血液検査、画像診断などが必要です。適切な診断に基づき、犬の特定の状況やニーズに応じた治療やケアが必要となります。

 

犬のてんかんは月に何回起こる?

犬

犬のてんかんの発作の頻度は、犬ごとに大きく異なります。いくつかの犬では一生に一度しか発作が起きないこともあれば、他の犬では月に数回、あるいはより頻繁に発作が発生することがあります。

  1. てんかんのタイプ
    てんかんのタイプや原因によって、発作の頻度や強度が異なります。原発性てんかんの場合、発作の間隔は不規則であり、予測が難しいことが多いです。一方で、二次性てんかんの場合は、根本的な原因に対する治療によって、発作の頻度がコントロールされることがあります。
  2. 治療と管理
    適切な薬物治療や環境管理によって、発作の頻度や強度は大きく変わり得ます。抗てんかん薬の適切な使用によって、多くの犬で発作の頻度が減少します。
  3. 個体差
    個々の犬には固有の特性や体質があり、発作の頻度や強度、持続時間には個体差が見られます。病状や体調、ストレスレベルなどの多くの要因が、発作の頻度に影響を与えます。
  4. 発作の周期
    一部の犬では、発作が特定の周期やパターンを持つことがあります。これにより、発作の発生を予測しやすくなる場合もあります。
  5. 発作の重症度
    軽度の発作は、しばしば見過ごされがちです。一方で、重症の発作は、即座に対処が必要です。

犬のてんかんの管理においては、発作の記録をつけることが重要です。これによって、発作の頻度、持続時間、および関連するトリガーを特定できるようになり、獣医師と協力して適切な治療計画を立てることができます。

 

犬はてんかんを怖がる?

犬

一般的に、犬はてんかんの発作を恐れることはありませんが、発作後の混乱や不安から、犬はストレスを感じることがあるでしょう。

  1. 発作中の感覚
    多くの場合、てんかんの発作中に犬は意識を失っていると考えられているため、発作自体を犬が恐れることはないと言われています。発作中は意識がないか、あるいは意識が混濁しているため、犬は発作を自覚していない可能性があります。
  2. 後遺症と回復期
    しかし、発作後、いわゆる「後遺症」や「回復期」には、犬が混乱し、不安を感じることが一般的です。この期間中、犬は周囲の環境や人々を正しく認識できないことがあります。この時期の犬の行動は予測不能で、攻撃的になることもあれば、逃げ出そうとすることもあります。
  3. 環境と対応
    犬が発作後に恐れや不安を感じないように、静かで安全な環境を提供することが重要です。また、飼い主の落ち着いた態度と優しい声掛けは、犬がリラックスするのに役立ちます。
  4. 定期的な検診
    発作の頻度や強度、そして犬の全般的な健康状態を評価するために、定期的な獣医検診が必要です。適切な診断と治療計画に基づいて、発作の管理や予防が可能になります。

犬が発作を「怖がる」かどうかについては限定的な証拠しかないものの、発作後の不安や混乱は、適切なケアとサポートによって軽減できます。

 

犬のてんかん発作でしてはいけないことは?

犬

犬がてんかんの発作を起こしている際には、特定の行動や対応が犬に危害を及ぼす可能性があります。以下に、犬が発作を起こしている時に避けるべき行動や対応を示します。

  1. 口の中に手や物を入れない
    発作中に犬の口の中に手や他の物を入れることは危険です。犬が噛む可能性があり、重傷を負うことがあります。
  2. 発作を止めようとしない
    発作を人力で物理的に止めようとすることは、犬にさらなるストレスや危害を与える可能性があります。
  3. 静かに保つ
    発作中は、静かで落ち着いた環境を保つことが重要です。大声で叫んだり、パニックになったりすることは避けてください。
  4. 犬を動かさない
    安全でない場所で発作が始まった場合を除き、発作中の犬を動かすべきではありません。発作が終わるのを待って、安静にさせてください。
  5. 時間を記録する
    発作の持続時間を正確に把握するために、発作の始まりを記録してください。これは、獣医師が正確な診断を下すために重要です。
  6. 直後の食事を避ける
    発作直後に犬に食事を与えるのは避けてください。飲み込むことができず、窒息の危険があります。
  7. 通気性を確保する
    発作中は犬が暑くなる可能性がありますので、十分な通気性を確保してください。また、暑すぎる環境は避けてください。
  8. 詳細な記録をつける
    発作の日時、持続時間、発作の種類、発作前後の行動など、可能な限り詳細に記録してください。これらの情報は、獣医師が診断や治療計画を立てる際に役立ちます。
  9. 速やかに獣医師に連絡する
    発作が初めての場合や、発作が異常に長引く、または重なる場合は、速やかに獣医師に連絡してください。

これらのガイドラインを守ることで、発作を経験する犬を最も安全で支えることができます。適切なケアと正確な情報の提供によって、獣医師は最良の治療アプローチを選定できます。

 

犬のてんかんを改善する方法は?

犬

犬のてんかんの改善は、主に発作の頻度や強度の管理と、可能であれば、発作の原因に対処することで達成できます。以下は、てんかんを改善するためのいくつかの一般的なアプローチです。

  1. 正確な診断
    獣医師による正確な診断が最初のステップです。原因を特定し、最適な治療計画を策定するために、全身検査、血液検査、脳の画像診断などが行われます。
  2. 薬物療法
    抗てんかん薬は、発作の頻度や強度を減少させることが期待されます。フェノバルビタールやレベチラセタムなどの薬物が一般的に使用されます。
  3. 環境管理
    ストレスは発作のトリガーとなることがありますので、犬のストレスを最小限に抑えることが重要です。静かで落ち着いた環境と、定期的な生活リズムが推奨されます。
  4. 栄養バランスの良い食事
    バランスの取れた食事は、犬の健康全般を支えます。特定の栄養素が過剰または不足していると、発作のリスクが増える可能性があります。
  5. サプリメント
    特定のサプリメント、例えばオメガ-3脂肪酸やビタミンE、はてんかんの症状の改善に寄与することが報告されています。ただし、サプリメントの利用は獣医師と相談することが必要です。
  6. 定期的な検診
    定期的な検診と薬物の血液濃度のモニタリングによって、治療の効果や副作用を適切に評価し、必要に応じて治療計画の調整ができます。
  7. 健康的な生活スタイル
    適度な運動と十分な休息も、発作の管理に重要です。しかし、過度な運動や興奮は避けるべきです。
  8. 特別なケア
    発作後の特別なケアや、適切な対応も大切です。犬が安心して休息できるように、静かで安全な環境を提供してください。

これらの方法を総合的に行うことで、犬のてんかんの症状は改善され、発作の頻度や強度も管理できる可能性があります。しかし、てんかんの治療や管理は個々の犬によって異なるため、獣医師と密に協力し、個別の状況に適したアプローチを選定することが重要です。

 

犬のてんかんで食べてはいけないものは?

犬

てんかんを患っている犬にとって、特定の食品や成分が発作のトリガーとなる可能性があるため、食事の管理が非常に重要です。以下に、てんかんのある犬が避けるべき食品や成分について詳しく説明します。

  1. 化学物質や添加物
    人工的な着色料、防腐剤、香料などの化学物質や添加物は、発作を引き起こす可能性があります。自然な成分から作られた、無添加のドッグフードを選ぶことが推奨されます。
  2. 食品アレルギー
    食品アレルギーもてんかんの発作を引き起こす可能性があります。獣医師と相談し、アレルギーテストを実施して、アレルゲンを特定し、避けることが大切です。
  3. ショコラ、カフェイン、アルコール
    これらの成分は、犬にとって有毒であり、神経系に影響を与え、発作のリスクを増加させる可能性があります。
  4. 塩分過多
    過度な塩分摂取は、脱水や高血圧を引き起こし、これが発作を引き起こす可能性があります。
  5. 砂糖や人工甘味料
    高血糖やインスリンの異常は、発作の引き金となる可能性があるため、砂糖の摂取を制限すべきです。また、ゾルチン(キシリトール)などの人工甘味料も避けてください。
  6. 高脂肪食
    高脂肪食は、代謝異常や体重増加を引き起こす可能性があり、これがてんかんの悪化を招く可能性があります。
  7. 穀物
    一部の犬は穀物に対して敏感であり、穀物を含む食品が発作を引き起こす可能性があります。グレインフリーの食品を検討してください。

食事の選択と食品成分の管理は、てんかんを患う犬の健康管理の一環として非常に重要です。犬に与える食品や栄養素には注意を払い、獣医師のアドバイスに従って、適切な食事計画を策定することが求められます。

 

犬がてんかんになったら与えたら良い食材は?

 

犬,ミニチュアシュナウザー

てんかんを患う犬に適した食材の選定は、症状の管理と全体的な健康状態の維持に重要です。以下に、てんかんのある犬に適した食材について詳しく説明します。

  1. 高品質のタンパク質源
    魚、鶏肉、七面鳥、卵などの高品質なタンパク質は、筋肉の健康を維持し、免疫システムを強化します。
  2. オメガ-3脂肪酸
    魚油や亜麻仁油に含まれるオメガ-3脂肪酸は、抗炎症作用があり、脳の健康をサポートします。
  3. ビタミンEとセレニウム
    これらの抗酸化物質は、体内の酸化ストレスを減少させる可能性があります。ほうれん草はビタミンEが豊富です。
  4. 葉酸
    葉酸は神経系の健康を支えるビタミンで、ほうれん草やブロッコリに含まれています。
  5. 繊維質の野菜
    ブロッコリ、カボチャ、人参などの野菜は、消化系の健康を保ちます。
  6. カルシウム
    乳製品やサーディンに含まれるカルシウムは、神経伝達に重要です。
  7. 水分
    十分な水分摂取も重要で、脱水は発作のリスクを増加させる可能性があります。

これらの食材を含むバランスの良い食事は、てんかんの管理に有益です。それでも、全ての犬が同じ食材に適しているわけではありません。個々の犬のニーズ、アレルギー、食物の好みに基づいて食事プランを作成することが重要です。また、獣医師と相談し、特定の食材や栄養素が犬に適しているかを確認し、必要に応じてサプリメントを追加してください。適切な食事計画により、てんかんの犬の健康と生活の質の向上が期待できます。

 

犬がてんかんになったら糖分は与えるべき?

犬

てんかんを患う犬の食事管理において、糖分の摂取は特に注意が必要です。以下に、糖分の摂取についての考え方を詳細に説明します。

  1. 糖分と血糖値
    犬が摂取する糖分は、体内でグルコースに分解され、血糖値の上昇を引き起こします。血糖値の急激な変動は、発作のトリガーとなる可能性があります。そのため、血糖値の安定がてんかんの管理には重要となります。
  2. 糖分の制限
    てんかんを患う犬には、低糖質の食事が推奨されます。適切な食事管理により、血糖値の急激な上昇を防ぎ、発作のリスクを低減させることができます。特に、シンプルで加工されていない食品、たとえば、野菜や高品質のタンパク質源が好ましいです。
  3. 健康な食生活
    低糖質でバランスの取れた食事は、全体的な健康の維持にも寄与します。適量の健康的な脂肪、良質のタンパク質、食物繊維を含む食事を心掛けてください。
  4. 獣医師との相談
    食事の変更や新しい食事プランの導入に際しては、必ず獣医師と相談し、個々の犬に最適な食事内容を確認してください。獣医師は、犬の健康状態やニーズに基づいて、適切な食事プランやサプリメントを推奨することができます。

糖分の摂取はてんかんの管理において注意すべき点です。血糖値の安定を保ち、健康的な食生活を維持することで、てんかんの発作のリスクを減少させることが期待できます。

 

犬がてんかんになったら、みかんを食べさせても大丈夫?

犬

犬がてんかんを患う場合、食事には特に注意が必要です。各食材に対して慎重になり、特定の食材が犬に適しているかどうかを獣医師と相談することが重要です。

  1. みかんと犬
    みかんはビタミンCが豊富で、人間にとって健康に良いフルーツの一つです。しかし、犬にとって、みかんを食べることは推奨されません。みかんの中のシトラス類の酸と糖分が犬の消化器系に負担をかける可能性があります。
  2. てんかんと糖分
    てんかんを患う犬にとって、糖分の摂取は特に慎重に管理する必要があります。みかんのような高糖分のフルーツは、血糖値の急激な上昇を引き起こし、これが発作のトリガーとなる可能性があります。
  3. みかんの成分
    みかんに含まれるシトリックアシッドは、犬に対して過度に摂取すると腹痛や下痢を引き起こすことがあります。また、みかんの皮や種には、犬にとって有毒な成分が含まれていることがあります。
  4. 獣医師のアドバイス
    てんかんのある犬の食事に関しては、獣医師と密接に相談し、適切な食事プランを立ててください。獣医師は、犬の健康状態、体重、年齢等に基づいて、適切な食事やフルーツの摂取量をアドバイスすることができます。

みかんなどのシトラス類は、犬、特にてんかんを患う犬にはおすすめできません。食事は犬の健康を直接影響し、特に慢性的な状態の場合、食事の内容によって症状が変化することがありますので、十分な注意が必要です。

 

犬がてんかんの薬を飲まないとどうなる?

犬,病院

てんかんを患う犬が適切な薬物を摂取しない場合、その結果は深刻になる可能性があります。以下に、薬物治療の重要性と、薬を飲まない場合に起こりうるリスクについて詳しく説明します。

  1. 発作の増加
    薬物を摂取しないことで、てんかんの発作が増加し、その頻度や強度も上がる可能性があります。これにより、犬の苦痛が増し、全体的な生活の質が低下する恐れがあります。
  2. ステータスエピレプティカス
    これは、絶え間なく発作が続く、または発作が続けて発生し、間隙がない状態を指します。この状態は緊急かつ重大で、直ちに医療介入が必要です。治療が遅れると、生命を脅かす可能性があります。
  3. 脳の損傷
    繰り返しの発作が脳にダメージを与え、神経細胞の損傷や機能障害を引き起こす可能性があります。
  4. 全体的な健康状態の低下
    発作の増加は、犬の全体的な健康状態を損なう可能性があります。長期的なストレスや苦痛は、免疫システムの低下をもたらし、他の健康問題を引き起こす可能性があります。
  5. 治療プランの重要性
    獣医師が推奨する治療プランや薬物の管理は非常に重要です。これによって、発作のコントロール、犬の苦痛の軽減、生活の質の向上が期待できます。
  6. 獣医師との協力
    薬の副作用や効果の懸念がある場合、または犬が薬を拒否する場合は、直ちに獣医師に相談してください。

てんかんの犬が薬物治療を受けない場合、その結果は深刻になり、犬の生命を脅かす可能性があります。適切な治療プランの実施と獣医師との継続的な協力によって、犬のてんかんの症状管理と全体的な健康の維持が可能になります。

 

犬のてんかんは薬は一生飲み続けないといけない?

ミニチュアシュナウザー

てんかんは犬において慢性的な疾患であり、多くの場合、生涯にわたる治療が必要となる可能性があります。しかし、治療の必要性や期間は、犬の特定の状態やてんかんの型、発作の頻度や強度に依存します。以下に、犬のてんかんの治療について詳細に説明します。

  1. 薬物治療の目標
    てんかんの治療の主な目標は、発作の頻度と重症度を減少させ、犬が快適に生活できるようにすることです。また、薬物の副作用を最小限に抑えることも重要な目標です。
  2. 生涯にわたる薬物治療
    多くの犬は、てんかんのコントロールのために生涯にわたる薬物治療が必要です。中断や薬の量の変更は、獣医師の指示なしには行わないでください。薬物治療の中断や不適切な調整は、重篤な発作を引き起こす可能性があります。
  3. 定期的な評価
    犬のてんかんの状態は定期的に評価される必要があります。これにより、獣医師は薬物の効果や副作用を監視し、治療プランを適切に調整できます。
  4. 個々の状態の考慮
    一部の犬では、発作の頻度や強度が時間とともに減少し、薬物の減量や中断が可能になる場合もあります。しかし、これは個々の犬の状態により異なり、獣医師と密接に協力して判断しなければなりません。
  5. 新しい治療法
    てんかんの治療法は進行中であり、新しい薬物や治療法が開発されています。これらの新しい治療法は、将来的にてんかんの管理を改善する可能性があります。

犬のてんかんは、多くの場合、生涯にわたる薬物治療が必要となりますが、治療のアプローチは犬の個々の状態に依存します。獣医師との定期的なコミュニケーションと評価を通じて、最適な治療プランを確立し、犬の生活の質を向上させることが重要です。

 

犬のてんかん薬はいつやめればいい?

犬

てんかんの薬をやめるかどうかは、獣医師の指導と密接な監視の下で慎重に検討する必要があります。いくつかの基準と検討事項が存在しますが、以下に詳細に説明します。

  1. 獣医師との相談
    てんかんの薬を中止する決定は、獣医師との綿密な相談の上でなされるべきです。定期的な健康評価と発作のモニタリングを通じて、獣医師は薬の中止が適切であるかどうかを判断します。
  2. 発作のコントロール
    通常、犬が長期間、発作がなくフリー、かつ、薬物治療による副作用が少ないまたはない場合、薬の減量や中止が考慮されます。この期間は通常、少なくとも半年から1年以上の発作のない期間が必要とされます。
  3. 漸減法
    薬物を中止する場合、急な中止は避け、薬の量を徐々に減少させる必要があります。これにより、発作の再発リスクを最小限に抑えることができます。
  4. 個々のケース
    犬のてんかんは個々の犬で異なり、いくつかの犬では薬物が一生必要となるかもしれません。一方で、発作の頻度や強度が大幅に減少または消失する犬もいます。
  5. 監視の重要性
    薬物を中止した後も、犬の健康状態と発作の有無を注意深く監視することが重要です。発作が再発した場合、速やかに獣医師に連絡し、再評価と治療の調整が必要となります。

犬のてんかん薬をやめるかどうかは、個々の状態と獣医師の指導に基づいて慎重に判断するべきです。犬が長期間安定している場合でも、薬の中止は漸減法を用い、獣医師の監督の下で行うべきです。また、薬物治療の中止後の犬の健康状態の監視は必須となります。

 

まとめ

犬

てんかんのある犬は特別なケアと栄養管理が求められます。発作の頻度や強度を軽減し、愛犬の健康と生活の質を向上させるために、均衡した栄養、低塩分、無添加・無着色のドッグフードの選定が重要です。

モグワン、PETOKOTO FOODS、カナガンなどの品質の良いドッグフードが推奨されますが、愛犬の個別のニーズと症状に基づいて選定し、獣医との定期的な相談も欠かせません。新しいドッグフードへの切り替えも徐々に行い、愛犬の体調を常に観察して調整していく必要があります。