PR

ミニチュアシュナウザーの10キロは太りすぎ?

ミニチュアシュナウザー

ミニチュアシュナウザーの可愛いまなざしに心を奪われ、ついご褒美を増やしてしまうことはありませんか?しかし、愛犬が健康でいるためには、その小さな体の適正体重を守ることが大切です。体重だけではなく、実は「BCS」という評価法が存在し、これによって愛犬の理想的な体型を知ることができます。

この記事では、ミニチュアシュナウザーの体型の秘密や、成長期の体重推移、そして食事の注意点について詳しく解説します。

愛犬との幸せな日々を長く続けるためのヒントが詰まっていますので、ぜひ読み進めてみてくださいね。

 


当サイトでは、愛犬家が選ぶドッグフードNo.1にも輝いた「モグワン」をおすすめしています。


モグワンは、手作り食のレシピに基づき、美味しさと栄養バランスを両立したプレミアムドッグフード。今なら最大20%オフのキャンペーン中です。

モグワン 公式HP

 

累計販売量400万食突破!今なら初回半額!!

愛犬に寄り添う国産・無添加ドッグフード【Obremo】

ミニチュアシュナウザーの10キロは太りすぎ?

ミニチュアシュナウザーにも色んなサイズの子がいます。たまに10kgをこえるような大きい子もいますし、適正体重が同じなわけありません。そのため、現在は体重ではなく「BCS(ボディコンディションスコア)」による体型管理が推奨されています。

BCSとは、動物の脂肪の蓄積具合を数値化したもので、「見た目」や「触った感覚」で判断します。環境省 によるBCSの定義は下記です。

出典:環境省発行「飼い主のためのペットフード・ガイドライン ~犬・猫の健康を守るために~」

■ BCS1(痩せすぎ)
肋骨や骨盤などがはっきり見え、触っても脂肪がわからない。
上から見ると腰にくびれがあり砂時計のような体型になっている。

■ BCS2(痩せている)
BCS1よりも脂肪はあるが、容易に肋骨が触れる。

■ BCS3(標準)
適度な脂肪に覆われており、なでると肋骨に触れることができる。
横から見るとゆるやかにウエストが細くなっている。

■ BCS4(やや肥満)
厚い脂肪に覆われていて見た目では肋骨の確認ができない。
上から見ると多少のくびれがあり、横から見ると腹部が若干垂れ下がっている。

■ BCS5(肥満)
厚い脂肪に覆われているため、見た目だけではなく触っても肋骨が分からない状態。
くびれがなく、腹部も垂れ下がっていて、いわゆる寸胴体型。

もちろんBCS3が理想体重・理想体型です。飼い主さんはぜひ愛犬のBCSスコアをチェックしてみてください。

 

ミニチュアシュナウザーの平均体重

JKC はミニチュアシュナウザー(成犬時)の適正体重と体高をオス・メスともに下記のように定めています。

【ミニチュアシュナウザーの平均体重】

  • 体重 4〜8kg
  • 体高、体長 30~35㎝

これはドッグショーや計画繁殖における基準にもなっています。

 

ミニチュアシュナウザーの体重推移

子犬の成長スピードは速く、みるみる大きくなります。とくに小型犬の場合、生後10日で体重が生まれた時の2倍にもなるほどです。しかし小型犬の成長期は8~10ヶ月までで、1歳程度で体重は落ち着きます。

【月齢別の体重推移の目安】

月齢 体重(kg)
1ヶ月 1.0
2ヶ月 2.4
3ヶ月 2.9~4.3
4ヶ月 4.2~5.6
5ヶ月 5.6~6.9
6ヶ月 6.9前後
7ヶ月 7.0前後
9ヶ月 6.8~8.0前後

 

もし体重の増え方に大きなズレがある場合は下記の理由が考えられます。

  • 食事量が間違っている
  • 消化吸収がうまくできていない
  • 何らかの先天性疾患がある

成長期は骨や消化器官など、体の骨格を形成する重要な時期。あまり神経質になる必要はありませんが、もし動物病院に行くことがあれば獣医師に相談してみましょう。

ちなみに、子犬には子犬用のフードを与えてください。子犬は成犬よりも多くの栄養が必要なため、成犬用のフードでは栄養不足になってしまいます。

反対に、成犬に子犬用のフードを与えてしまうと栄養過多になるので注意が必要です。

 

まとめ

ミニチュアシュナウザーは食欲旺盛なため、食べても食べても「まだ足りないよ?」と訴えるように見つめてきます。がっちり体型で肥満が気付きにくい犬種ですが、油断するとすぐにぽっちゃり体型になってしまいます。

肥満は様々なリスクをもたらすので、飼い主さんはBCSを活用して愛犬の体重管理に努め、愛犬とより長く楽しく暮らしてくださいね。