PR

ミニチュアシュナウザーはなぜ耳を切る?断耳を禁止している国は?

犬,ミニチュアシュナウザー

犬種によって特有の特徴や魅力がありますが、その中でも「断耳」という手法が存在します。ミニチュアシュナウザーやドーベルマンなど、特定の犬種においては、美しいとされる形状に耳を整形するため、または機能的な理由から、断耳が歴史的に行われてきました。しかし、この手法は倫理的に大きな問題を孕んでおり、多くの国々で法律によって禁じられています。

本記事では、断耳がどのような犬種で行われてきたのか、その理由と、現代において断耳がどのように扱われているのかについて詳しく探ります。

 

累計販売量400万食突破!今なら初回半額!!

愛犬に寄り添う国産・無添加ドッグフード【Obremo】

ミニチュアシュナウザーはなぜ耳を切る?

ミニチュアシュナウザー

ミニチュアシュナウザーが耳を切るのは、主に伝統や健康、機能性の理由からです。

耳を切る習慣は、ミニチュアシュナウザーが元々害獣を追い払うために飼われていたころに遡ります。断耳は、狩猟中の傷を避けるためのものでした。耳が噛まれると感染のリスクがありますので、これを避けるために耳を切る習慣が生まれました。

また、断耳は犬が病気になるリスクを減少させることができます。例えば、耳の感染症や耳ダニのリスクが減少します。耳を切ることで、耳の通気性が向上し、これらの問題の発生を防ぐことができるのです。

さらに、一部のブリーダーやオーナーは、断耳を美学的な理由から行います。特定の犬種の標準的な外見を保つために、耳を特定の形に切ることがあります。

しかしながら、多くの国々では、動物の福祉を考慮して、非医療的な理由での断耳が禁止されています。断耳の必要性については、動物愛護団体や獣医師から多くの批判があります。彼らは、非医療的な理由での断耳は動物の権利の侵害であり、痛みやストレスを与えるため、禁止されるべきだと主張しています。

このように、ミニチュアシュナウザーの耳を切る理由は、機能性、健康、美学、そして伝統に基づいていますが、現代では、これらの手術が倫理的に受け入れられるかどうかは、大きな議論の対象となっています。

 

ミニチュアシュナウザーの断耳を禁止している国は?

ミニチュアシュナウザー

ミニチュアシュナウザーに対する断耳は、多くの国々で禁止されており、これは動物の福祉に関する国際的な認識の変化を反映しています。

ヨーロッパでは、多くの国々で断耳が禁止されています。例として、イギリス、ドイツ、フランス、ノルウェー、スウェーデンなどがあります。これらの国々では、非医療的な理由での断耳は動物虐待と見なされており、法律で明確に禁じられています。

オーストラリアとニュージーランドも、動物の権利と福祉を保護するために、非医療的な断耳を禁止しています。これらの国々では、違法な断耳を行うと、罰金や懲役刑が科される可能性があります。

南アフリカでも、動物保護法の下で、非治療目的での断耳は非合法とされています。

しかし、一部の国々、特にアメリカ合衆国の一部の州では、断耳は合法であったり、制限が緩やかであったりします。

非医療的な理由での断耳は、多くの国々で禁止または制限されており、動物の福祉と権利の保護が国際的に重視されています。

 

ミニチュアシュナウザーの他に断耳をする犬種は?

ミニチュアシュナウザー

断耳が行われてきた犬種は、ミニチュアシュナウザー以外にも複数存在します。

  1. ドーベルマン
    ドーベルマンは、しばしば断耳され、これによってその特徴的な外見が形作られます。断耳は、元々は傷や感染症を避けるために行われていました。
  2. グレートデーン
    この犬種も、美観や伝統のために断耳されることがあります。しかし、多くの国々で禁止されているため、自然な耳を持つグレートデーンも増えています。
  3. ピットブル
    ピットブルも断耳が行われることがあります。断耳は、闘犬時代の名残として、耳が他の犬に噛まれるリスクを減らすために行われていました。
  4. ボクサー
    ボクサーもまた、美的、機能的な理由で断耳が行われることがあります。

これらの犬種においても、多くの国々で非医療的な理由での断耳は法律で禁止されており、動物愛護団体や獣医師からは批判の声が上がっています。断耳が合法である場所でも、倫理的な判断に基づき、多くの犬のオーナーやブリーダーは自然な耳を好むようになっています。

 

【まとめ】ミニチュアシュナウザーはなぜ耳を切る?

ミニチュアシュナウザー

断耳は、特定の犬種の耳を形成するために行われる手術で、ミニチュアシュナウザー、ドーベルマン、グレートデーンなど、様々な犬種で実施されてきました。

この手術は、かつては機能性や美学的な理由、あるいは狩猟や闘犬時の傷を避けるために行われていました。しかし、多くの動物愛護団体や獣医師からの厳しい批判を受け、現在では多くの国々で非医療的な理由での断耳は禁止されています。これらの国々では、動物の福祉と権利の保護が重視されており、非合法な断耳には罰則が科せられることがあります。一方で、一部の国や地域ではまだ合法とされている場所もあります。

最終的に、個々のオーナーやブリーダーが、法律や倫理を考慮し、犬の健康と幸福を第一に考える必要があります。