PR

犬が即死する危険性のある食べ物リスト

犬

愛犬の健康は、飼い主にとって最優先事項です。

しかし、知らず知らずのうちに、にとって致命的な食べ物を与えてしまうこともあります。実は、私たち人間にとっては安全でも、犬にとっては「即死」につながる食品が存在するのです。

この記事では、犬が絶対に食べてはいけない食品と、それらを避けるための具体的な方法を詳しく解説します。愛犬を守るために、必ず知っておくべき情報をまとめました。

累計販売量400万食突破!今なら初回半額!!

愛犬に寄り添う国産・無添加ドッグフード【Obremo】

イントロダクション:なぜ「犬にとって即死につながる食べ物」を知る必要があるのか

犬

犬の好奇心は、彼らを危険にさらすことがあります。特に、私たちの日常で使用する多くの家庭用品や食品は、犬にとって有害、時には致命的なものとなる可能性があります​​。

  • 人間と犬の代謝の違い
    • 人間にとって安全な食品が犬にとって有害な理由は、犬と人間の代謝の違いにあります。犬は人間の食べ物を消化するのに適した体を持っていません​​。
  • 犬にとっての危険な食品
    • 私たちが食べる油っぽい、脂肪分の多い食品は、犬に下痢や胃の不調を引き起こす可能性があります。犬にとって有毒な食品を知り、それらを避けることが重要です​​。
  • 危険な食品の例
    • 例えば、チョコレートや玉ねぎ、アボカド、カフェインを含む飲料などは、犬にとって有害です。
  • 予防と対策
    • 犬がこれらの食品に触れる機会を最小限に抑えることが、彼らを守るための最良の方法です。

この情報は、犬の飼い主が愛犬の健康を守るために知っておくべき基本的な知識です。家庭内での安全対策を徹底し、犬が危険な食品に触れる可能性を最小限に抑えましょう。

基本知識:犬の消化システムと人間の食べ物

犬

犬と人間の消化システムにはいくつかの顕著な違いがあります。これらの違いを理解することは、なぜ特定の食品が犬にとって危険なのかを理解するのに役立ちます。

  • 咀嚼と嚥下
    • 犬は人間より多い42本の歯を持ち、これらの歯は鋭く、硬い表面を噛み切るために設計されています​​。
  • 唾液
    • 人間では食品との相互作用により消化が始まる唾液ですが、犬の唾液にはアミラーゼが含まれておらず、このような役割を果たしません​​。
    • 犬では、消化は胃で真に始まります。ここで、犬はタンパク質を分解するための主要な消化酵素を生成します。また、犬の胃は人間のそれよりも最大100倍の酸を生成することがあり、これによりタンパク質が迅速に分解され、人間では消化不可能な骨や硬い部分も柔らかくなります​​。
    • 胃と酵素による消化の後、食物は小腸を通り、栄養素が血流に吸収されます。小腸は三つの部分で構成されており、それぞれが特定の機能を持っています。吸収された栄養素はグルコースとなり、犬の体全体にエネルギーを提供します​​。
  • 人間との共通点
    • 人間と犬の消化システムにはいくつかの共通点もあります。たとえば、両方が酸の過剰生成による胃炎にかかりやすいこと、そして両方が雑食であることが挙げられます​​。
  • 犬の消化システムの強靭さ
    • 犬の消化システムは生肉に対して耐性があり、人間が消化できない病原体や細菌の影響を受けにくいです。しかし、市販の犬の餌には生肉が含まれていないことが多いのは、主に人間の健康を考慮してのことです​​。

危険な食べ物リスト:犬に即死を引き起こす可能性がある食品

犬

犬にとって危険な食品は多く、これらの食品を誤って食べることは、犬にとって重篤な健康問題、時には死に至る可能性があります。以下は、犬にとって危険な食品のリストですが、これは完全なリストではありません。もし愛犬がこれらのいずれかを摂取した場合、吐き気、腹痛、下痢などの症状が見られることがあります。これらの症状が見られた場合は、速やかに獣医師に相談することをお勧めします​​。

危険な果物

  • リンゴの種
  • アボカド
  • ブドウとレーズン
  • 柿、桃、プラムの種​​

危険な野菜

  • トウモロコシの芯
  • ニンニク
  • キノコ
  • タマネギとニラ​​

危険なタンパク質

  • アーモンド
  • 調理済みの骨
  • 脂肪
  • レバー
  • 生肉と生魚​​

危険なパントリー品

  • チョコレート
  • マカダミアナッツ
  • ポップコーン
  • 砂糖
  • 酵母​​

日用品

  • キャンディ、ガム、歯磨き粉、うがい薬
  • ヒト用のビタミン剤​​

危険な飲料

  • アルコール
  • コーヒー、紅茶、その他のカフェイン含有飲料
  • 牛乳と乳製品​​

その他

  • キャットフード
  • ホップ(ビールに含まれる)
  • マリファナ
  • タバコ​​

チョコレート:犬にとってのリスクとその理由

犬

人間にとっておいしいチョコレートですが、犬にとっては適したおやつではありません。チョコレート中毒は犬にとって一般的な問題であり、多くの場合、偶発的な摂取が原因です。チョコレート中毒の程度は、チョコレートの種類、食べた量、犬の大きさによって異なります​​。

チョコレート中毒の原因

  • チョコレートは、主にテオブロミンとカフェインを含むため、犬にとって有毒です。人間はテオブロミンを容易に代謝できますが、犬はそうではありません。犬はテオブロミンとカフェインをゆっくりと処理し、これらの有毒化合物が体内に蓄積し、チョコレート中毒に関連する臨床症状を引き起こします​​。

チョコレートの種類による違い

  • チョコレートの種類によって毒性は異なります。ベーカーズチョコレートやココアは最も毒性が高く、次にダークチョコレート、ミルクチョコレート、ホワイトチョコレートの順です​​。

中毒の兆候

  • 中等度の大きさまたは大型犬が少量のチョコレートを摂取した場合、胃の不調などの症状が見られることがありますが、大量のチョコレートを摂取した場合、または小型犬がチョコレートを摂取した場合、次のようなチョコレート中毒の兆候が現れる可能性があります:
    • けいれん
    • 震え
    • 不整脈
    • 心臓の不整脈
    • 内出血​​

対処法

  • 犬がチョコレートを食べたと思われる場合は、毒性の兆候が現れるのを待たずに、すぐに獣医師に連絡してください。治療は犬の体内からチョコレートを除去し、サポートすることです。チョコレートを食べてから1時間以内の場合、獣医師は嘔吐を誘発してチョコレートを体外に排出させることができます。消化されてから時間が経過している場合、活性炭の投与や静脈点滴により体内の有毒な代謝物を排出する処置が必要になることがあります。重篤なチョコレート中毒は致命的になることもあるため、中毒の影響を受けている犬は獣医師による連続的な監視が必要です​​。

玉ねぎとニンニク:犬にとっての隠れた危険

犬

玉ねぎ、ニンニク、ニラなどの植物は、アリウム属に属しており、これらはすべて犬(および猫)にとって有毒です。これらの植物には、赤血球を損傷し、貧血を引き起こす可能性があるジスルフィドとチオスルフィネートという毒素が含まれています​​。

玉ねぎとニンニク中毒の症状

  • 症状は、玉ねぎやニンニクを食べた後24時間以内に発症することがありますが、通常は数日かかって現れます。
  • 典型的な症状には、以下のものがあります:
    • 嘔吐
    • 下痢
    • 腹部の痛み
    • 食欲不振
    • 脱水
  • 玉ねぎやニンニク中毒はまた、貧血(赤血球の減少)につながることがあります。貧血の症状には、呼吸困難や無気力などが含まれます。これらの症状は、玉ねぎやニンニクを食べてから1〜5日後に発生することがあります。
  • 非常にまれですが、玉ねぎやニンニク中毒は発作を引き起こすことがあります​​。

玉ねぎとニンニク中毒の治療

  • 玉ねぎやニンニクを食べてから4時間以内であれば、獣医師は犬に嘔吐を誘発させる注射を行うことがあります。自宅での嘔吐誘発は避けるべきです。
  • 活性炭を与えて、胃内の残留毒素を吸収させることもあります。
  • 脱水を防ぐために点滴を施し、病院で観察を続けることがあります。
  • 嘔吐や発作などの症状に対する治療も行われることがあります。
  • 貧血の有無を確認するために血液検査が必要な場合もあります​​。

アルコールとカフェイン:犬の健康に与える影響

犬

カフェイン

カフェインは犬にとって有毒です。カフェインは刺激物であり、その毒性のほとんどは、カフェインの刺激効果によるものです。カフェインを摂取した犬は、心拍数の増加や過度の活動性を示し、落ち着かず、休まない傾向があります。また、カフェインは血圧を上昇させ、心臓の不整脈を引き起こすことがあり、これも危険です。さらに、カフェインは消化器系に影響を及ぼし、嘔吐や下痢を引き起こすことがあります​​。

  • カフェインの毒性
    • 犬は人間よりもカフェインに敏感です。少量のカフェインでも、特に小型犬や猫にとっては致命的になることがあります。症状は摂取後30分以内に始まり、12時間以上続くことがあります。カフェインを含む製品には、砂糖や他の刺激物も含まれることが多いです​​。
    • 治療
      • 早期治療が成功の鍵です。獣医師は嘔吐を誘発して体内の毒素を除去し、活性炭を与えて胃内の残留毒素の吸収を最小限に抑えます。点滴による輸液療法は脱水を防ぎ、体内からカフェインを排出し、腎機能をサポートします。筋肉の震えや発作、血圧の低下、不整脈の安定化などの治療が必要になることもあります​​。

アルコール

アルコールもまた犬にとって有毒です。その効果は人間と同様ですが、犬の体の小ささと肝臓の脆弱性のため、影響はより速く現れます。アルコールは発酵した果物や生のパン生地、消毒剤や香水、染料や塗料など多くの製品に含まれています​​​​。

アルコール中毒の症状

  • アルコール中毒の症状は、摂取後30分から60分で現れ、犬の消化器系ではアルコールの吸収が非常に速いため、中枢神経系と代謝に直接影響を与えます。
  • 症状には、次のようなものがあります:
    • 協調運動障害と混乱
    • 大量摂取した場合の嘔吐
    • 過度の吠え
    • 弱さ
    • 呼吸困難
    • 多尿、多飲
    • 低体温
    • 低血糖
    • 心臓の問題
  • 深刻な場合、または治療が行われない場合、アルコール中毒は臓器の機能不全や死に至ることもあります。

人工甘味料(キシリトール):犬にとっての危険性

犬

キシリトールは犬にとって非常に有毒です。小さな量でも低血糖症、けいれん、肝不全、さらには死に至ることもあります​​。

キシリトールの毒性の原因

  • インスリンの分泌と血糖レベルの調節に関連しています。人間ではキシリトールがインスリンの分泌を刺激しませんが、犬がキシリトールを摂取すると迅速に血流に吸収され、インスリンの強力な分泌を引き起こします。これにより血糖値が急激に低下し、治療しない場合は生命を脅かす低血糖症になります。キシリトールがどのようにして犬の肝不全を引き起こすかはまだ十分に理解されていません​​。

キシリトール中毒の兆候

  • キシリトール中毒の初期症状は、通常、摂取後1時間以内に発生する低血糖症によるものです。低血糖症の症状には以下が含まれます:
    • 嘔吐
    • 弱さ
    • 歩行や立つことの困難
    • 震え
    • けいれん
    • 昏睡
  • 重篤な症例では、犬はけいれんや肝不全を発症することがあります。肝不全を起こした犬は、低血糖症の兆候を示すことなく発症することもあります​​。

キシリトール中毒の治療

  • 速やかな治療が必要です。獣医師は、犬がキシリトールを摂取してからまだ臨床的な症状が出ていない場合、犬の血糖レベルに基づいて嘔吐を誘発することがあります。臨床的な症状が現れた場合、治療はその症状に基づいて行われます。キシリトールは低血糖と低カリウムレベルの両方を引き起こす可能性があるため、獣医師はこれらの問題が治療を必要としているかどうかを判断するために血液検査を行います。全ての症例では、犬は血糖モニタリング、ブドウ糖の投与、点滴、肝臓保護剤、その他必要な支援治療のために入院が必要になります​​。

予防策:犬が危険な食べ物を食べないようにする方法

犬

犬が危険な食べ物を口にしないようにするための予防策は、犬の健康を守る上で非常に重要です。以下に、効果的な予防策を紹介します。

1. 食べ物の保管場所

  • 食品の安全な保管:危険な食品は犬の手が届かない場所に保管することが重要です。
    • キッチンのカウンターや食卓に食品を放置しない。
    • 閉まるキャビネットや冷蔵庫を利用する。
    • ごみ箱は蓋つきのものを使用し、犬が開けられないようにする。

2. 家族や来客への教育

  • 家族全員への教育:家族全員が犬にとって危険な食品について理解し、それらを与えないようにする。
  • 来客への説明:来客に対しても犬に食べ物を与えないように伝える。

3. 犬の食習慣の管理

  • 犬専用の食品を与える:犬用の食品のみを与え、人間用の食品は避ける。
  • 食事時間のルーチン:定期的な食事時間を設けることで、犬が他の食べ物を欲しがることを減らす。

4. 犬の監視

  • 犬の行動の監視:犬がキッチンや食事エリアにいる時は特に注意する。
  • 散歩時の注意:散歩中に地面の食べ物やゴミに注意し、犬が何かを口にしないよう監視する。

5. トレーニング

  • 「落ちているものを食べない」トレーニング:犬に「落ちているものを食べない」ことを教えるトレーニングを行う。
  • 基本的な命令のトレーニング:「待て」や「離せ」などの基本的な命令を教え、必要時に使用する。

犬が危険な食べ物を食べないようにするためには、日常的な注意と予防策が重要です。食品の安全な保管、家族や来客への教育、犬の食習慣の管理、監視、そしてトレーニングを通じて、犬の安全を確保しましょう。

緊急時の対処法:犬が危険な食べ物を食べた場合の対処法

犬

犬が誤って危険な食べ物を食べた場合、迅速かつ正確な対処が重要です。以下は、そのような緊急事態における基本的な対処法です。

1. 危険な食べ物の特定

まずは、犬が食べたと思われる食べ物の種類を特定します。以下は犬にとって危険な食べ物の例です:

  • チョコレート
  • ザクロ
  • ブドウ・レーズン
  • 玉ねぎ・にんにく
  • カフェインを含む飲料
  • 人間用の甘味料(キシリトールなど)
  • アボカド
  • アルコール

2. 獣医師への連絡

食べ物を特定したら、直ちに獣医師に連絡します。犬の種類、大きさ、食べた量、犬の現在の状態を伝えることが重要です。

3. 犬の観察

獣医師の指示を待っている間、犬の様子を観察します。以下のような症状があればすぐに伝えてください:

  • 嘔吐や下痢
  • 異常な興奮状態
  • 疲労や弱さ
  • 呼吸困難
  • 発熱
  • 痙攣

4. 獣医師の指示に従う

獣医師からの指示に従い、必要に応じて犬を病院に連れて行きます。獣医師が指示する薬の投与や治療を実施してください。

予防策

  • 危険な食べ物を犬の手の届かないところに保管する。
  • 人間の食べ物を犬に与えない。
  • 家族全員が犬にとって危険な食べ物を知っておくこと。

犬が危険な食べ物を食べた場合、冷静に対処し、すぐに獣医師に連絡することが肝心です。予防は最善の対策であり、犬とその健康を守るためには日頃から注意が必要です。

まとめと注意点:犬の健康を守るために

犬

この記事では、犬にとって即死の危険性がある食べ物について詳しく解説しました。主な危険な食べ物には、チョコレート、ブドウ・レーズン、アボカド、ザクロ、玉ねぎ・にんにく、カフェインを含む飲料、人間用の甘味料(特にキシリトール)、アルコールなどがあります。これらの食べ物は、犬の消化系や神経系に深刻な損傷を与える可能性があり、場合によっては命に関わる事態を引き起こすことがあります。

愛犬の安全は、飼い主の責任であり、日々の注意と予防が重要です。危険な食べ物のリストを心に留め、犬がこれらを誤って食べないようにするための対策を講じることが肝心です。また、万が一の事態に備えて、獣医師の連絡先を常に手元に置いておくことも忘れないでください。犬の健康と安全を守るために、日々の飼育においてこれらの情報を活用し、愛犬が快適で健康的な生活を送れるように心がけましょう。