PR

ミニチュアシュナウザーの毛色レバータンは致死率が高い?

ミニチュアシュナウザー

 


当サイトでは、愛犬家が選ぶドッグフードNo.1にも輝いた「モグワン」をおすすめしています。


モグワンは、手作り食のレシピに基づき、美味しさと栄養バランスを両立したプレミアムドッグフード。今なら最大20%オフのキャンペーン中です。

モグワン 公式HP

 

累計販売量400万食突破!今なら初回半額!!

愛犬に寄り添う国産・無添加ドッグフード【Obremo】

ミニチュアシュナウザーの毛色レバータンは致死率が高い?

ミニチュアシュナウザーの毛色のレバータンは、頭数が少ないため、レアカラーと呼ばれていますが、正しくは「ミスカラー」です。

ジャパンケネルクラブより犬種標準として公認されているミニチュアシュナウザーの毛色は、「ブラック」「ソルト&ペッパー」「ブラック&シルバー」「ホワイト」の4種類。それ以外は非公認の毛色となり、血統証明書に「×」がつけられます。

非公認の毛色のミニチュアシュナウザーを飼いたいという方もいますが、非公認の毛色の個体は劣性遺伝を持っている可能性が高く、体も弱い傾向にあるため、安易におすすめはできません。

そもそも一般的なブリーダーは公認色のみ繁殖します。

近年人気の「白い柴犬」もミスカラーで、本来は望ましくない毛色です。利益重視のブリーダーが「珍しい」「レアカラー」などと呼び、体の弱い個体を高く売りたい背景があるのです。