PR

ミニチュアシュナウザーの珍しい色、茶色とは?

ミニチュアシュナウザー

ミニチュアシュナウザーの中で、“茶色”という珍しい毛色をご存知ですか?JKCでの公認色ではないこの特別な色は、何故か多くの愛好者を魅了しています。

この記事では茶色のミニチュアシュナウザーが持つ秘密や、その魅力的な毛色の変遷について、詳しく探ってみましょう。

 


当サイトでは、愛犬家が選ぶドッグフードNo.1にも輝いた「モグワン」をおすすめしています。


モグワンは、手作り食のレシピに基づき、美味しさと栄養バランスを両立したプレミアムドッグフード。今なら最大20%オフのキャンペーン中です。

モグワン 公式HP

 

累計販売量400万食突破!今なら初回半額!!

愛犬に寄り添う国産・無添加ドッグフード【Obremo】

ミニチュアシュナウザーの珍しい色、茶色とは?

ミニチュアシュナウザーの茶色は珍しい毛色です。茶色の頭数が少ない理由の1つは、血統証明書を発行するJKC(ジャパンケネルクラブ)に公認されていないからです。

JKCに公認されたミニチュアシュナウザーの毛色は、「ソルト&ペッパー」「ブラック&シルバー」「ホワイト」「ブラック」の4色。茶色の「ウィートン」、「レバー」、「タン」などの毛色は非公認になるので、血統証明書には「×」がつきますし、犬種としては「雑種」に分類されます。

しかし、非公認ながらその珍しさからか価格は高めに設定されがちです。

茶色のミニチュアシュナウザーは、ペットショップではなかなか会うことができないので、購入を考えている方はブリーダーで探すとスムーズに出会えるかもしれません。

ちなみに、JKU(ジャパンケーナインユニオン)で発行された血統証明書なら、「チョコ&クリーム」などと記載されるようです。

 

ミニチュアシュナウザーの茶色の毛は変化する?

ミニチュアシュナウザーは黒色が白っぽくなるなど、人間の白髪同様、加齢や日光などの影響で少しずつ毛色が薄く変化していくことがあります。

茶色のミニチュアシュナウザーも同様に、濃い茶色から薄茶色に変化していくことが多いようです。

 

まとめ

犬,ミニチュアシュナウザー

ミニチュアシュナウザーには、公認されていないが魅力的な「茶色」の毛色が存在します。この色はJKCで公認されていないため、血統証明書では「×」と記載され、「雑種」扱いされますが、そのレアさから価格が高騰することも。

茶色のミニチュアシュナウザーはペットショップでは見かけることが少なく、ブリーダーからの購入がおすすめです。また、この茶色の毛は時が経つと色の変化が見られることが多いようです。