PR

髭やけしないドッグフード3選

髭やけ

AD

愛犬の健康と美容は、飼い主の皆さんにとって非常に重要な課題です。特に、長毛種や白毛種の犬を飼っている方は、食後の「髭やけ」に悩まされることが多いのではないでしょうか。髭やけは、犬の顔周りの毛に食材の色が付着し、見た目を損なうだけでなく、皮膚トラブルを引き起こす可能性もあります。

しかし、適切なドッグフードの選択によって、この問題は大幅に軽減することが可能です。無染色食材を使用したり、低アレルギーの食材を選んだり、良質なタンパク質源を提供するドッグフードを選ぶことで、愛犬の食事時に起こる髭やけを防ぐことができます。

この記事では、髭やけしにくいドッグフードの選び方を専門的に解説し、愛犬の健康と美容を保つ手助けを提供します。さらに、日常のケア方法についても触れ、愛犬との快適な生活をサポートします。

髭やけしないドッグフードの選び方

ドッグフード

ドッグフード選びは愛犬の健康と美容に直結しています。特に、長毛種や白毛種の犬は、食事の後に髭周りに食材の色が付着してしまうことがあり、これを「髭やけ」と呼びます。髭やけは見た目が悪くなるだけでなく、皮膚炎や他の皮膚トラブルを引き起こす可能性もあります。これを防ぐためには、髭やけしにくいドッグフードを選ぶことが重要です。

無染色食材の使用

髭やけしにくいドッグフードは、無染色の天然食材を使用しています。人工着色料や化学添加物が含まれていないため、食事の後に髭周りに色が付着するリスクが低減します。

低アレルギー

アレルギーを引き起こす食材を避けることで、皮膚トラブルや髭やけを減らすことができます。低アレルギーのドッグフードは、肌に優しい成分を含んでいます。

良質なタンパク質源

高品質なタンパク質源を含むドッグフードは、消化が良く、髭周りの皮膚トラブルを減らす助けになります。

適切なサイズと形

ドッグフードのサイズと形も重要です。適切なサイズと形を選ぶことで、犬が食事をする際に髭周りに食材が付着しにくくなります。

保湿成分

保湿成分を含むドッグフードは、皮膚を健康に保ち、髭やけを防ぐ助けになります。

これらの要因を考慮して、髭やけしにくいドッグフードを選ぶことで、愛犬の健康と美容を保つことができます。また、定期的なグルーミングと併せて、髭周りの清潔を保つことも重要です。

髭やけしないドッグフード3選

ドッグフード

上記を満たすドッグフードとしては下記の商品が人気です。

モグワン
PETOKOTO FOODS
PELTHIA(ペルシア)

モグワンが髭やけ改善に有効な理由


モグワンは髭やけ改善に有効なドッグフードとされています。以下の要素がその理由として挙げられています。

高品質の原材料

モグワンは高品質の原材料を使用しています。特に、ドッグフードに低質の原材料が含まれると消化が悪くなり、その結果として髭やけが発生する可能性が高まります。低質の原材料は完全に消化されず、毒素として体外に排出されることがあり、これが髭やけだけでなく涙やけや体臭の原因にもなります。そのため、ヒューマングレードの原材料を使用することが推奨されています。

無添加

市販のドッグフードには通常、酸化防止剤、保存料、着色料など多くの人工添加物が含まれています。特に酸化防止剤のBHAは、発がん性が認められており、人間の食材には使用が許されていないほど危険な添加物です。これらの人工添加物は、髭やけだけでなく、がんなどの重篤な病気のリスクも高める可能性があります。

低脂質

モグワンは低脂質のドッグフードとされています。髭やけの原因の一つとして、ドッグフード中の油分が指摘されており、油分は髭やけを急激に進行させることがあるため、低脂質のドッグフードの選択が推奨されています。

抗酸化作用を持つ成分

モグワンの主原料であるサーモンは、DHAやEPAなど抗酸化作用を持つ成分を豊富に含んでいます。これらの成分は体質改善に寄与し、毛並みや涙やけなどの改善を期待できます。

手作り食のレシピに基づくプレミアムドッグフード

モグワンは、手作り食のレシピに基づいており、美味しさと栄養バランスを両立させています。

これらの特徴により、モグワンは髭やけ改善に有効なドッグフードとされています。

モグワン公式HP >>

愛犬の口周りが茶色になるのはなぜ?髭やけの原因

髭やけ

愛犬の口周りの毛が茶色に変色する現象は、一般的に「髭やけ」と呼ばれています。これは、犬の口周りの毛に色素が付着することにより起こります。以下に、主な原因とその対処法について詳しく説明します。

唾液と涙の成分

犬の唾液と涙には、ポルフィリンという鉄を含む色素成分が含まれています。ポルフィリンは、毛や皮膚に付着すると茶色に変色する特性を持ちます。

食事の影響

低質のドッグフードや人間用の食事は、消化が悪くなりやすく、それが毛の変色につながることがあります。また、食事の際に口周りの毛に食材が付着することで、食材の色が毛に移る可能性もあります。

水質

硬水や塩素が含まれる水を飲むことが、毛の変色の原因となることがあります。愛犬にはフィルターを通した水を提供することで、毛の変色を防ぐことができます。

口内の疾患

歯石や歯周病などの口内疾患は、唾液の分泌量を増加させ、それが毛の変色につながることがあります。定期的な歯磨きや口内ケアを行うことで、唾液の分泌量を抑えることができます。

アレルギーや皮膚病

アレルギーや皮膚病により、犬が口周りを舐める頻度が増えることがあります。これが毛の変色を引き起こす可能性があります。

人工着色料や添加物

人工着色料や添加物が含まれるドッグフードは、毛の変色の原因となる可能性があります。無添加、無着色のドッグフードを選ぶことで、毛の変色を防ぐことができます。

これらの原因を理解し、適切な対処を行うことで、愛犬の口周りの毛の変色を防ぐことが可能です。また、定期的なグルーミングを行い、口周りの清潔を保つことも重要です。

愛犬の口周りを白くしたい!髭やけの対策

髭やけ

愛犬の口周りの毛が茶色く変色する「髭やけ」は、多くの犬飼い主にとって悩みの一つです。しかし、適切な対策を講じることで、愛犬の口周りの毛を白く保つことが可能です。以下に、髭やけの対策について詳しく解説します。

高品質なドッグフードの選択

高品質なドッグフードを選ぶことで、消化が促進され、毛の健康が向上します。無染色食材と無添加のドッグフードを選ぶことが推奨されています。

適切な水質

愛犬に提供する水は、フィルターを通して不純物を取り除き、毛の変色を防止します。

定期的なグルーミング

定期的なグルーミングで、口周りの毛を清潔に保ち、毛の変色を防止します。特に、涙やけの対策として、目元の毛をこまめに拭くことが重要です。

口内ケア

歯石の除去や歯周病の予防など、口内ケアを定期的に行うことで、唾液の分泌をコントロールし、毛の変色を防止します。

低アレルギードッグフードの利用

アレルギー反応は口周りを舐める頻度を増やし、これが毛の変色につながる可能性があります。低アレルギーのドッグフードを選ぶことで、これを防ぐことができます。

涙やけ対策製品の利用

涙やけ対策用の製品を使用して、毛の変色を防ぐことも一つの対策です。市販されている涙やけ対策製品を利用することで、毛の変色を抑制することが可能です。

健康診断

時折、毛の変色は内部疾患の兆候である可能性があります。定期的な健康診断で、愛犬の健康状態を確認し、必要に応じて獣医師の指示に従います。

これらの対策を講じることで、愛犬の口周りの毛を白く保つことが可能になります。また、愛犬の健康状態を確認し、必要に応じて専門家のアドバイスを受けることも重要です。

まとめ

髭やけ

愛犬の健康と美容を保つためには、食事の選択が重要です。特に長毛種や白毛種の犬は、食後の髭周りの色付け、通称「髭やけ」に悩まされることがあります。これは、見た目を損なうだけでなく、皮膚トラブルの原因ともなりえます。

無染色食材のドッグフード

無染色の天然食材を使用したドッグフードは、髭やけのリスクを低減させます。

低アレルギーのドッグフード

アレルギー反応を引き起こす可能性のある食材を避け、肌に優しい成分を含むドッグフードを選びます。

良質なタンパク質源

消化が良く、皮膚トラブルを減らす助けとなる高品質なタンパク質源を含むドッグフードを選びます。

適切なサイズと形のドッグフード

食事時に髭周りに食材が付着しにくくするために、適切なサイズと形のドッグフードを選びます。

保湿成分を含むドッグフード

皮膚を健康に保ち、髭やけを防ぐために、保湿成分を含むドッグフードを選びます。

これらのポイントを考慮してドッグフードを選ぶことで、愛犬の健康と美容を保ちつつ、髭やけの問題を軽減することができます。さらに、定期的なグルーミングと合わせて、愛犬の髭周りの清潔を保つことも重要です。